彼女いない歴28年の僕が、僕の非モテを語ります。

タイトル画像

こんにちは、非モテで彼女いない歴28年の歴史を持つ男、霧島もとみです。

非モテとは異性にモテていない人のこと。つまり僕です。

生まれてから彼女いない歴=年齢の日々をコツコツと積み重ねていき、ヤラハタを余裕で通り過ぎた僕は「30歳までに彼女ができなかったら死のう」と思い詰めた苦悩の日々を過ごしました。

非モテに苦しむ姿

強烈なコンプレックスに苛まれた暗黒の日々でした。そして同時に、そこから抜け出そうとする無様な闘いの日々でした。

彼女いない歴=年齢の日々をようやく抜け出したのは、28歳の時です。

今は結婚して子供を授かり、何食わぬ顔をして家庭人を気取っています。
そして、今も変わらず、非モテのコンプレックスを抱えたまま生きています。

この記事では、僕の非モテな半生をありのままにさらけ出した記事をまとめました。

僕が非モテに陥った理由やそこで足掻いた物語、非モテな体験談などを紹介しています。

もしもあなたが僕と同じように非モテにコンプレックスを持ち、ひょっとして苦しんでいるとしたら、僕の無様な姿がなにかのヒントになるかもしれません。読んでもらえるだけでも嬉しいですし、フッ…と笑ってもらえれば飛び上がって喜びます。

世界中の非モテ(自分含む)に幸あれ!ということでお届けします。

1.彼女いない歴28年の僕が非モテを語ろうシリーズ

僕の非モテな半生を振り返り、気がつけば非モテになっていた青春時代から始まり、苦悩の28年間で生まれて始めての彼女と付き合うまでのことを書きました。

第1章 非モテとは何か

シリーズ最初の記事です。

そもそも自分を苦しめている非モテとは何か?について整理しました。

モテ  = やれる僕以外の男たち + 
非モテ = やれない僕

これが自分を苦しめる「非モテ」の構造だった、という話です。

タイトル画像 彼女いない歴28年の僕が非モテを語ろう【第1章 非モテとは何か】

第2章 こうして僕は非モテになった

そもそもなぜ僕は非モテになったのか?これを整理した記事です。

「女子恐怖症」×「受け身」

これが僕の場合の非モテの大きな要因でした。

社会人になるまでの僕の振り返りの記事でもあります。

タイトル画像 彼女いない歴28年の僕が非モテを語ろう【 第2章 こうして僕は非モテになった】

第3章 非モテ・絶望との戦い(1)社会人になった僕の非モテ

社会人として仕事を始めた僕が、自分の非モテを強烈に意識しはじめた頃の話です。

周囲に当たり前のようにいるモテ世界の住人たちの存在に。
女性と上手く話すことが出来ない自分に。

やっぱり、僕は、非モテだ。

と絶望を覚えました。

第3章 非モテ・絶望との戦い(1)社会人になった僕の非モテ

第3章(2)それでも彼女が欲しい。絶望からの挑戦

非モテの絶望のなか「彼女が欲しい」という思いを捨てきれず、自分を変えようとチャレンジする話です。

誰にもアドバイスを求めず、自分で考えたオリジナル攻略法で挑んで大幅に遠回りするという事になります。その攻略法とは次の3つ。

・飲み会ではとにかく楽しむ
・誘われた飲み会は全て参加する
・毎週映画を見る

でもまあ、少しずつ変化はありました。

第3章 非モテ・絶望との戦い(2)それでも彼女が欲しい。絶望からの挑戦

第3章(3)非モテの孤独が「死ねば楽になるのに」と囁く中で、僕は・・・

僕が行動しても非モテから抜けだせない現実に絶望して、自分自身を追い詰め、「30歳になって彼女ができなかったら死のう」と決意するまでの話です。

モテない自分に価値はない。
死んだら楽になるのだろうか。
けど、死んだら終わり。
まだ死ぬのは早い。

この葛藤の中で26歳の僕は、

・30歳までに彼女が出来なかったら死のう。
・その時に言い訳しないよう、必死に努力する。

という事を大真面目に決意しました。笑い話ではなく、ホントですよ。

第3章 非モテ・絶望との戦い(3)非モテの孤独が「死ねば楽になるのに」と囁く中で、僕は・・・

第4章 非モテからの解放 (1)女友達への相談、意外すぎたアドバイスに僕は…

苦節28年の時を過ぎて、僕が人生初の彼女と付き合うようになるまでの話です。

これまで誰にも相談せずに一人で非モテと戦ってきた僕でしたが、ついにその恥を捨てて、とある女友達に相談しました。その僕に告げられたアドバイスは、

「告白したら、必ずその日にホテルに行くんだよ」

という意外なものでした。

第4章 非モテからの解放 (1)女友達への相談、意外すぎたアドバイスに僕は…

第4章(2)ついに生まれて初めての彼女ができた

迷いを捨てて女友達のアドバイスを実行すると決めた僕が、告白に挑んだ話です。

ホテルに誘うという非モテには高すぎる、初めてのハードルをどう超えるのか。

<案ずるよりも産むが安し。清水の舞台から飛び降りろ!>

そう覚悟を決めた僕の口から出た言葉は、

「そうだ。ホテル行かない?」

というしょーもない一言でした。

でもまあ、そんなもんなんですよね。きっと。

第4章 非モテからの解放(2)ついに生まれて初めての彼女ができた

第4章(3)非モテに彼女ができて変わった3つのことと、非モテのその後

生まれて初めての彼女ができ、年齢=彼女いない歴28年という非モテ歴に終止符を打った僕に訪れた変化を書きました。

大げさな言い振りですが、次の3つです。

世界に受け入れられた実感、
人の温もり、
まだ生きられるんだという未来。

最終的に自分を包む非モテというコンプレックスの存在は消えず、残っています。

でもそれ以外の価値を僕は持っているから、もしこれからも非モテな僕が続くのだとしても、僕は非モテとして生きて行こうという決意を持つことができました。

「彼女いない歴28年の僕が非モテを語ろうシリーズ」の最後の話です。

第4章 非モテからの解放(3)非モテに彼女ができて変わった3つのことと、非モテのその後

2.非モテな体験談シリーズ

非モテな僕の恋愛体験談を書いたものです。

無様な、痛い体験を笑っていただければ幸いです。

痛い!非モテが思い詰めて手紙を書いた話

大学時代、非モテ世界で自分自身を追い詰めていた時の話です。

僕は高校の同級生だった女友達に対して、

「僕のことを好きじゃないのなら思わせぶりな言動をするな」

という手紙を書いて送りました。痛すぎる行動です。

幸か不幸か、ポストに投函した後に我に返り、未開封で返送してもらえたため問題にはなりませんでしたが・・・。

タイトル画像 【体験談】痛い!非モテが思い詰めて手紙を書いた話

非モテな僕の4つのフラれた話(社会人編)

社会人になった僕は、非モテな自分に絶望し、それでも彼女が欲しいと諦めきれずに不器用な戦いを挑んで敗北していきました。

その僕の負け戦ーーー

具体的なフラれ話の体験談として、社会人になってからの僕の非モテな4つのフラれた話と、そこから得た教訓を書きました。

【体験談】非モテな僕の4つのフラれた話(社会人編)

「私と付き合ったらいいんですよ」の一言に舞い上がった結末は?

いまだ非モテ街道から抜け出せる兆候などまったくない25歳の僕。

そんな僕に突然舞い降りた年下女性からの

「私と付き合ったらいいんですよ」

という想定外の一言から始まった、僕の舞い上がったドタバタ劇の話です。

タイトル画像 【体験談】「私と付き合ったらいいんですよ」の一言に舞い上がった結末は?

非モテの原点は中学時代にあり?を振り返ってみた

僕の非モテの原点がどこにあったのだろうか?そう考えたとき、中学生の頃に思い当たることがありました。

好きになられたい願望の出現と、
3つ年上の姉との関わりです。

この頃に芽生え始めた「僕の非モテの原点」とも言える変化のことを書きました。

タイトル画像 【体験談】非モテの原点は中学時代にあり?を振り返ってみた

 

非モテについて書いている中で、理解したことがあります。

非モテというのは一種の幻想です。モテという幻想の集団との乖離に苦しめられていたのが、かつての僕でした。

そんな意味のない幻想から自分自身を解き放つことができれば、もっと自由に楽しく生きられる。非モテな僕はそう考えてます。そんな記事をこれからも書いていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です