【3000文字チャレンジ】月曜日に最高のスタートダッシュを決めるたった3つの簡単な方法

タイトル画像

霧島もとみです。

今回の#3000文字チャレンジのタイトルは「月曜日」です。

これまでの3000文字チャレンジではネタのような記事ばかりを書いてしまっていたため、今回はブロガーとしての初心に戻り、価値のある情報を提供できる記事を書くことを心がけることにしました。

さて、月曜日という言葉を聞いた時に、つい思い浮かべてしまうのはこんな事です。

・仕事始めで憂鬱
・一週間の最初でテンションが上がらない
・土日でゆるんだ気持ちを引きずってしまう

これ、本当ーーーによく分かります。

僕はサラリーマンブロガーなもので、土日に一旦オフにした仕事モードのスイッチを、月曜日にはオンにしてやらないといけません。

土日もオンにしたまま駆け抜けたい気持ちもあるのですが、昨今の働き方改革の影響や、何より家庭の存在により強制的にオフられるという僕自身の都合から、やはりスイッチを切り替えなければいけない状況です。

でもですね。

これは僕自身が仕事にとことん追い込まれた経験から言うのですが、

土日に仕事モードを一旦オフにしてしまっても、

スムーズに月曜日のスイッチオンに繋げることは可能です。

しかも、誰でもできて、時間もかからないとても簡単な方法で実現できるんです。

僕はこの簡単な方法に気付いたおかげで、平均を大きく上回る労働時間をこなしながら、7日間に一度訪れてくる月曜日の憂鬱を全く苦にしない生活を送ることができました。

しかも月曜日に最高のスタートダッシュを決めることで、その一週間の仕事を充実したものに変えることが可能になります。

そこで今日は、月曜日に最高のスタートダッシュを決めるたった3つ簡単な方法を紹介します。

みなさんもこの方法を試して、最高の月曜日を迎えてみてください。

1. 松岡修造になってみる

松岡修造さんのような積極的精神になれば、月曜日の憂鬱など何の問題にもなりません。

むしろ月曜日だからこそ、普段の倍のテンションで過ごせます。

 

松岡修造になる。

 

これが1つ目の方法です。

そうすることで、例えばこんな風に、月曜日の朝を最高の気分で迎えることができます。

 

【月曜日が憂鬱な君へ】

 

月曜日が憂鬱だって?

 

今、君は月曜日の朝を迎えた。

月曜日の太陽の光を浴びた。

それなのに憂鬱だって言うのか?

 

ふざけるな!

 

蝉を見てみろよ。

蝉は、長い間、地面の中で幼虫として過ごすんだよ。

太陽なんて見られない。ずっと暗い土の中だ。

そしてようやく地上に出てきて、大人になって、太陽の光を目にすることが出来るんだ。

 

だけど、蝉は地上に出たら、7日間しか生きられないんだよ。

だから月曜日はたった1回だけだ。

蝉が今日過ごす月曜日という日は、地上で過ごす、たった1回きりの月曜日なんだよ。

 

だから月曜日を憂いている暇なんてない。

精一杯生き抜くんだ。

 

だから今日から君は、蝉だ!

蝉になれ!!

君ならできる。

二度とない月曜日を、精一杯生き抜けるよ!!

 

ガンバレモン!!

2.うたのお兄さん・お姉さんになってみる

NHKの「おかあさんといっしょ」という番組があります。

NHKのEテレで毎週月曜日から土曜日の朝8時から放送されている、こども向けの教育番組です。

出勤時間にかぶっているので見たことが無いよ!という方は、一度ぜひ見て下さい。

 

この「おかあさんといっしょ」に欠かせないのが、うたのお兄さん・お姉さんです。

子どもたちと向き合いながら、時には歌をうたい、時には小芝居で笑わせてくれる、朝の太陽のような存在です。

 

何より朝の8時にかかわらず、

 

「みんなー、元気ーーーー?」

「お兄さんも」

「お姉さんも」

 

「元気元気ーっ!!」

 

という素晴らしいハイテンションで挨拶してくれるのが素晴らしい。

彼らには月曜日の憂鬱さなんて微塵も感じられません。

そんな「うたのお兄さん・お姉さん」になれば、月曜から土曜日までを最高の笑顔で過ごせること間違いなしです。

あなただけではありません。

一緒に過ごす人たちも、あなたの明るさと笑顔、そして素晴らしい歌声につられて、きっと最高の気分で過ごすことができるでしょう。

 

ですが、1点だけ注意があります。

あくまでなるのは、作られた「うたのお兄さん・お姉さん」です。

リアルなうたのお兄さん・お姉さんではありません。

 

考えてみてください。

月曜日から土曜日まで放送しているからといって、実際に収録しているのは月曜日とは限らないんですよ?

彼らは多忙です。

スタジオでの収録の他に、土日に各地で開催する「おかあさんといっしょ・ファミリーコンサート」に出演しなければいけません。

1回1時間のステージを、午前と午後、2日間連続でこなすんです。

しかも厳しい抽選をくぐり抜けてプラチナチケットを手に入れたお父さん・お母さんを満足させるような、圧倒的なパフォーマンスを見せなければなりません。

 

僕は過去に3回ファミリーコンサートに行きましたが、

文句なしに全て最高のステージでした。

だいすけお兄さん、たくみお姉さんの弾けるような笑顔と歌声のパフォーマンスは本当に圧巻で、素敵で、間違いなく子どもより僕の方が楽しんでました。

 

そんな土日を過ごした彼らが、月曜日から最高の笑顔で収録できると思いますか?

ひょっとしたら彼らも人間ですから、

 

「あー、やっぱりステージ明けの月曜日はだりぃなあ」

 

とか

 

「月曜日マジ憂鬱。超ヤバイ」

 

とか言っているかもしれません。

ひょっとしたら、月曜日はお休みかもしれません。

 

そうなると、うたのお兄さん・お姉さんになったとしても、月曜日に最高のスタートダッシュを決めることは難しいです。

ですから、あまりリアルを追求するのは止めましょう。

ファンタジーとしての「うたのお兄さん・お姉さん」になることで、月曜日から最高の気分で過ごすことが出来るのですから。

 

さあ、鏡に向かって。

または寝起きが悪い家族に向かって。

 

「みんなー、元気ーーーー??」

と誰もが引くようなハイテンションで話しかけてみましょう。

3.アントキノイノキになってみる

元気があれば、月曜日も楽しく過ごせます。

そこで3つ目の方法として、アントキノイノキになりましょう。

 

アントニオ猪木じゃなくて、アントキノイノキです。

なぜかというと、僕がアントニオ猪木さんのパフォーマンスを実際に見たことが無いからです。

子どもの時に全然プロレスに興味が無かったせいですね。

 

僕がアントニオ猪木さんのことを知ったのは、

・パチスロ猪木
・春一番さん
・アントキノイノキさん
・ナイナイ岡村さん

の存在からです。

 

パチスロ猪木の「道」演出は、激アツでしたね。

 

さて、この中で僕が一番「面白い!」と思ったのがアントキノイノキさんです。

何しろネタの応用力が半端ない。

バリエーションを変えてやれば、どんな場面でもネタとして使うことが可能です。

忘年会でも大ウケしましたし、酔っ払った時の即興ネタとしても比類なき破壊力を発揮してきましたので、超オススメです。

 

というわけでアントキノイノキになって、月曜日を元気に過ごしましょう。

 

【アントキノイノキの月曜日】

元気ですかー!!

元気があれば、何でもできる。

元気があれば、月曜日も楽しく迎えられる。

 

行くぞーー!!

 

弊社へ入社希望の大学生の皆さん、株式会社イノキ食品へようこそ。

 

イノキ食品では、元気になれる食品を取り揃えております。

元気な毎日は、元気な食品から。

イノキ食品の栄養満タンな商品で、

元気な月曜日をお過ごしください。

 

皆さん、今日は朝食は食べましたか?

腹一杯食べましたか?

 

食べました?

なるほど。

 

あなたは?

腹一杯食べた?

なるほど。

 

ハッハッハ。

 

 

バカヤローッッ!!

 

腹一杯食べると、胃に血が大量に流れるッッ。

胃に血が大量に流れると、頭の血流が少なくなって、

大事な面接で眠くなるぞーッッ!!

 

どうしますかーーッッ!!

 

 

それでは面接会場へご案内します。

 

エレベーターはこちらです。

お乗りになるのは、

何名ですかッ!?

 

見れば分かる?

ハッハッハッ。

 

バカヤローッッ!!

 

充実した仕事は、元気な会話から。

元気な会話は、活気を生みます。

 

活気に満ちた職場は、

互いを高め合い、

仕事の成果を引き出す最高のスパイスになります。

 

何気ない会話の一言が、

会社の未来を明るくするぞ!!

どうしますかーッッ!?

 

1!

2!

3名!!ダーーーーーッッ!!

 

お乗りくださーーーーッッい!!

 

ドアを、お閉めします。

手や指を挟まないように、ご注意ください。

エレベーターの行き先は、何階ですか?

おっしゃって下さい。

試験はもう、始まっていますよ。

ハッハッハ。

 

えっ?

38階?

ありがとうございます。

 

それではエレベーターにお乗りの皆様。

 

ご唱和くださいッッ!!

 

1、

2、

38階!ダーーーーーッッ!!

ありがとうーーーーッッ!!

 

それでは、ボタンを押しますっ!!

 

よし来いッ!

よし来いッ!

ダァッッ!!

 

ボタンを、

押しましたッッ!!

 

ハッハッハ。

 

ただいまエレベーターは、38階、試験会場へ向かっております。

 

このエレベーターを上がればどうなるものか。

危ぶむなかれ。

危ぶめば入社は無し。

その一歩が道となり、

その一歩が道となる。

迷わず行けよ。

行けば分かるさ。

ありがとうーーーーッッ!!

 

チーン。

 

着きましたッッ!

お降りくださいッッ!!

 

ん?

様子が違う。

 

ここは…

どうやら…

 

1、

2、

3階でしたッッ!

途中階でお乗りのお客様、ボタンを押していただいたのですね。

 

バカヤローッッ!!

 

迷わず乗れよッ、

乗れば分かるさッ!

 

お客様、

1名エレベーターへ追加ご案内しますっ!!

 

えっ?

次のエレベーターを待つ?

 

 

ハッハッハ。

分かりました。

 

それではお先に、

ダーさせていただきます!!

 

手や指を挟まないよう、ご注意くださいッッ!!

 

チーン。

 

ハッハッハ。

今度こそ着きました。

38階です。

指差し確認しましたので、間違いありません。

安心してお降りください。

 

試験会場は、

この通路を真っ直ぐ進んだところの角を、

右へ90度、曲がってくださいッッ!!

 

そのまま真っ直ぐ進んでいただき、

その次の角を、

左へ90度、曲がってくださいッッ!!

 

卍固めッ、入りましたっ!!

私、一歩も動けません!!

 

私はこの場所から、

ご健闘を、お祈りしておりまーすッッ!!

 

迷わず行けよ!!

行けば分かるさ。

ありがとうーーーーッッ!!

この記事のまとめ

いかがだったでしょうか。

どれも簡単な方法ばかりで、すぐに効果が実感できるものばかりです。

僕はこれで最高のスタートダッシュを月曜日に決めてきました。

ぜひみなさんも試してみて、その効果を感じてみてください。

【月曜日に最高のスタートダッシュを決めるたった3つの簡単な方法】

1.松岡修造になってみる
2.うたのお兄さん・お姉さんになってみる
3.アントキノイノキになってみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です