最高の一体感をライブに捧げる曲!UVERworldの「IMPACT」の魅力について

UVERworld大好き、霧島もとみです。

今日は、ライブで最高の一体感が味わえる「IMPACT」の魅力を紹介します!

これがライブだ!というエネルギーがこれでもかと詰め込まれています。
この曲と同じ瞬間を共有すればそこはもう世界の中心!

はじめに UVERworldの「IMPACT」とは?

「IMPACT」は2014年7月に発売されたアルバム「Ø CHOIR」で新曲として収録された曲です。
シングルでは発売されていません。

ちなみに、2018年のベストアルバムに向けたファン投票では・・・
50位以内に名前がありませんでした。

えっ!?

と驚きましたが間違いありません。
1位から50位まで3往復しても、やっぱり名前を発見できませんでした。

でもこれは「ベスト・アルバムに収録したい曲」のファン投票ですからね・・・。

多分あれですね。
有名すぎて盲点になるという・・・アレですよきっと。

では気を取り直して、曲の魅力や感想を紹介します。

1 普通にノリのいい曲?

曲としてはいたってオーソドックスな作り。
繰り返しを効果的に使った構成で、全体的にノリの良い曲です。

サビもいたってシンプル。

Wow…Come on! VICTORIA Go for it

を繰り返すというもの。

歌詞の物語性もいたって簡単です。

最初聞いた時は正直なところ、

「7th trigger」ほど格好良くもない・・・
「THE OVER」のように訴えかけてくる歌詞でもない・・・

というちょっとウスい印象でした。
そんな訳で熱心に聴くことはなく、記憶の片隅に置いてあった程度でした。

あ、でも、京セラドームのBDを見たときには「へええ、盛り上がってるな〜」とは思いましたよ。

えっ、魅力ですか?
普通に聴くだけだとこんな感じでした。

MEMO
魅力1:飛び抜けて格好良くもないし、訴えかけてくる歌詞でもない、普通なノリのいい曲。

2 ライブで曲が爆発する!

ところがです。

初めて行ったUVERworldのライブで聴いた「IMPACT」は全くの別物でした。

全てを吹っ飛ばすようなエネルギーが溢れまくっていました!

誠果のサックスが響き渡る「零HERE~SE~」が始まると会場は歓声に包まれ、TAKUYA∞が煮えたぎったMCでどんどん煽る。煽る。煽る!

「IMPACT」というアナウンスが入り、一呼吸の間を置いて曲が始まると・・・
会場のギアが一段上がったのを感じました。

そしてそれがTAKUYA∞の一言ごとに加速していく。
導入部分の「Come on! 」で一気に会場がバン!と爆ぜる。

「こ、これがライブというものか・・・」

僕は正直ビビりました。

音にではありません。
会場の人間そのものが音になり、踊りになり、叫びになったかのような圧倒的な熱にビビったんです。

音楽が爆発するなかで僕は理解しました。

「IMPACT」はライブ用に完全チューニングされた曲なんだと。

そこに気づくとライブを意識した曲の作りが見えてきました。

「IMPACT」のライブを意識した作り

  • 会場全体の拍手でリズムを取るところが何箇所もある

一体感を盛り上げる演出!単純に楽しいです。

  • メッセージ性が少なく、観客は集中して曲にノることができる

聞き惚れるとか、泣くとか、そんな感情の動きはほぼ起きません。
「やってやるぜ!!」という純粋な情熱に身を任せることができます。

  • シンプルな曲調でさらにノリやすい。叫びやすい。

どんどん曲に没頭できます。

  • 間奏がシンプルで、TAKUYA∞が煽りを入れやすい

さらにTAKUYA∞がガッツンガッツン煽り、ヴォルテージをこれでもかと引き上げてきます。

  • 形成される一体感がもはや極まっている。

UVERworldも観客も一体になって「IMPACT」という世界の中に溶け込んでいく感覚です。
UVERworldが歌っているのか、観客が歌っているのかすら分からなくなる世界。
その時、まさに世界の中心は今立っているココなんだと感じます。

「訴えてくる歌詞でもない」の本当の意味

これは僕の勝手な思い込みですが、この曲に込められたのは、愛とか夢とか希望とか戦う気持ちとかそういうものじゃない。

「これが俺たちのライブだ!」
「ライブをやっているとき、俺たちはこんなに熱い気持ちになっているんだ!」

というUVERworldがライブに対して持っている情熱をとことん込めたもの。

だから歌詞のメッセージ性はそんなに高くなくていい。
音楽全体を感じるもの。
それが「IMPACT」なんです!

MEMO
魅力2:ライブでこそ輝く曲!UVERworldのライブは「IMPACT」を体験しないと始まらない!

3 ライブ感を押し出したPVが格好良い

「IMPACT」のPVは、格好良いです。

いつも格好良いばっかり書いてすみません。
だって格好良いんだもの。

PVもライブと同じく「零HERE~SE~」から始まります。

ホールの入り口らしきところから会場へ向かってゆっくり歩くTAKUYA∞。
UVERworldのメンバーが一人また一人と集まってくる。ゆっくりと歩く。
歩く方向は、カメラの方向です。

つまりPVを見ている僕らに向かってゆっくりと歩いてきます。
とことん観客目線です。
無言の中で「さあ、行くぞ」と声が聞こえてくるようです。

「IMPACT」はPVもライブ

「IMAPCT」の曲が始まるとそこは周囲360°を全て観客に囲まれたライブセット!
ライブ用にチューニングされたこの曲は、PVもやっぱりライブで魅せています。

白と黒をベースにしたモノクロっぽいライブ会場の映像でPVは進行します。

赤いシャツを切るTAKUYA∞が映える。
スポットライトの光線が作る映像美が輝く。
激しくて美しい!

というPVなんですが、主役はUVERworldだけじゃありません。
ステージを取り囲む大勢の観客も主役です。

UVERworldの演奏に合わせて踊り、手を叩き、拍手をする。叫ぶ!!

観客が一体になって参加しているという雰囲気。
ライブの感じが本当によく出てるなあって思います。
見ているとライブの興奮がよみがえってくるようです。

ライブ感たっぷりのPVは、「IMPACT」の魅力を存分に引き出していると言えるでしょう!

個人的なプチ注目ポイントは、1分03秒からの慎太郎です!
軽く立ち上がって静かな笑みでエスコートするポーズを取るほんの数秒なんですが、
紳士的な色気が溢れていて惚れそう。

慎太郎といえばライブのMCで下ネタ(結構えげつないのもアリ)を放り込んでくることが定番ですけれど、このPVではそんな素振りは全く見せていません。
そんなところにも少し注目して見てみてください。


 

京セラドームでのライブ映像もアップされています。
これも凄い・・・!!
『IMPACT live at Kyocera Dome Osaka 2014.7.5』


 

MEMO
魅力3:観客が主役!ライブ感溢れるPV。

まとめ

これがUVERworldのライブだ!という勢いに溢れた曲。

ライブで最高の一体感が味わえる曲「IMPACT」の魅力をまとめます。

MEMO
魅力:とにかくライブ!!最高のライブ体験が味わえる曲!UVERworldのライブは「IMPACT」を体験しないと始まらない!

以上、UVERworldの中でも最もライブで盛り上がる曲「IMPACT」の魅力の紹介でした。

読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です