なんでUVERworldの記事ばっかり書いているの?てことをほんの少し振り返ってみた。

こんにちは、霧島もとみです。

このブログを書き始めてから少し経ちましたが、ふと気づけば、UVERworldの記事ばかり連続して書いてました。

ふと疑問に思ったのですが・・

あれ?僕、UVERworldのファンサイト目指してる?

いや、違うから。

 

ううん・・・これってアレですかね。

最初は目的があってブログを始めたはずなのに、何かのはずみで特定の記事ばっかりを書くようになって、ブログの方向性を見失うっていう・・・。

これじゃ駄目でしょ!

そこで、「なんでUVERworldの記事を書いているのか」をちょっと自分で振り返ってみました。

3つのポイントに気付きましたので書いておきます。

書いている理由1:素敵なものの代表が歌であり、その代表がUVERworld。

自分が「素敵だなあ」と思うものの一つが、です。
※「リリンの生み出した文化の極みだよ」と言った渚カヲル君の影響ではありません。

歌っているときは時間を忘れて没頭できる。
気分がひどく落ち込んでいる時でも、歌うと気分が切り替わる。
僕にとって「歌」はそういう存在なんですね。

その歌の中で素敵だと思っているのがUVERworld
他にも素敵なアーティストや歌は一杯あるけど、僕が「素敵なものをたくさんもらった」と感じるのがUVERworldの歌なんです。

だから記事を書きたくなるんだということが、1つ目の気付きです。

書いている理由2:生きる力をもらったのがUVERworld

今の自分を書くことにあたって、UVERworldの音楽は欠かせないんですよね。
なぜかというと、僕の一番厳しい時期に支えになったものが、UVERworldの音楽だからなんです。

だからつい考えてしまいます。
僕と同じように苦しんでいる時、UVERworldの音楽から生きる力をもらえる人がいるんじゃないかと。

だから「この曲の記事を書こう」という衝動が湧いてくるんです。

これが2つ目の気付きです。
この点については、次は「僕がどんなところに生きる力をもらったのか?」ってことを書いていこうと考えました。

自分へのいましめの気付き:有名だから書く?それは駄目でしょ。

歌の感想を書いたら他のファンが読んでくれるんじゃないか?という考えも無いと言えば嘘になります。

でも冷静に考えると分かることですが、そこは基本難しいですね。
歌を好きな人って、ネットで他のファンの歌の感想とか調べないし、別に見たくもないと思うんですよね。

ファンがネットで検索する時ってどんなことするんだろう?ってちょっと考えみたら分かるともいますけど・・・

・公式ブログを見る。
・ユーチューブで検索して動画を見る。
・歌詞を見る。
・ライブのセトリを見る。
・Wikipediaでうんちくを見る。

もっと突き抜けてコアなファンになれば、特別なコンテンツを提供できるでしょう。
でも僕はそこまでのコアなファンじゃない。
ファンであることに関しては僕の優位性は全然無いから、記事を書く意味はないんです。

ここに僕が立ち入るチャンスは全くありません。
だから僕は「UVERworldの他のファンに見てもらおう」という視点で書いちゃ駄目なんです。

自分にしか書けないことを添えないと、読んでくれる人には意味がないですから

この点はいましめとして記憶しておきます。

この記事のまとめ

僕がUVERworldの記事を書く理由を改めて考えた結果は次のとおりでした。

【書く理由の気付き】

・素敵と思えるものの代表例が歌で、自分の中で一番ハマっているのがUVERworldだから。
・UVERworldから生きる力をもらったことを伝えたいから。

【注意すべき点の気付き】

・UVERworldのファンの人に見てもらうと思ったら駄目
・自分にしか乗せられないものを添えること

これらのことを踏まえて、どんどん記事を書いていきたいと考えています。
よろしくお願いします。

こんな身勝手な記事を読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です