【映画評】 1分で話せる! 映画「翔んで埼玉」が 本当〜〜〜に つまらなかった理由。

タイトル画像

霧島もとみです。

今日の1分で話せる〇〇は、新作レンタル開始された映画「翔んで埼玉」を紹介します。

埼玉をディスり倒したことで話題になり、そのディスりっぷりが面白可笑しい!ということでメディアでもバンバン取り上げられていた映画です。

映画館で見るほどじゃないかな・・・と思っていましたが、新作レンタル開始されたのを広告で見て、

「あれだけメディアで取り上げられていたんだからきっと面白いだろう」

という思い込み(洗脳)と、自虐ネタ=面白いという僕自身の思い込みとから、レンタルして見てみました。

ところが・・・

本当~~~に、つまらなかった。

最近見た映画の中でも群を抜いてつまらなかった。
途中で見るのを止めたいレベルのつまらなさでした

でもただ「つまらない」というだけでは記事になりません。

そこで今日は僕が感じた映画「翔んで埼玉」がつまらなかった理由を1分で話せる内容で紹介します!

1分で話せる映画「翔んで埼玉」が本当~~~につまらなかった理由。

「翔んで埼玉」は、パタリロ!の作者である魔夜峰央さんの漫画を実写化した映画です。

二階堂ふみとGACKTのダブル主演を迎え、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹が監督を務めました。

埼玉県をとことんディスった内容が話題を呼びましたが・・・映画としては本当~~~につまらなかったです。

でも最初に。これは関東に詳しくない「愛媛県民」が見たからつまらない可能性が大です。関東圏の方なら評価は大きく変わるかもしれませんので、その点はご了承ください。

まず「埼玉をディスる」原作だからなんでしょうけど、身内ネタが過ぎます。地名とちょっとした説明だけでギャグにしてたりする。あのね、全然、面白さが分かりませんよ。

ストーリー展開も意味不明。現実世界とラジオから流れてくる「都市伝説」の世界とが交互に進むのですが、どっちに重きを置いて見たらいいのか分からず大混乱。

結果としては都市伝説のストーリーの方がメインになるけど、これがつまらない。荒唐無稽なストーリーを淡々と進めるから見てて飽きる。しかもストーリーが進むテンポが悪過ぎる。

時おり交える自虐ネタが埼玉・関東の身内ネタばかりだからこれも笑えない。身内ジョークの「分かる人だけ笑ってくれたらいい」のばっさり感が凄すぎて、全然笑えませんでした。

徹底的な身内ジョーク、意味不明なストーリー展開、GACKTの年齢が役とかけ離れてる感の凄さなど、全てがちぐはぐでつまらない映画でした。

エンディングのはなわさんの歌が一番面白かったです。

その他の感想

僕的には久しぶりに見る映画ということと、散々メディアで煽られていたのを真に受けていたので、結構期待して観たんですよね。

ところがその期待を大きく裏切られる出来で、本当に途中で見るのをやめようと思いました

それがなぜ最後まで見たかというと、子どもと一緒に見ていたからです。

しかも言いだしっぺは僕。

「話題の『翔んで埼玉』が新作で見れるから見てみない?」

と珍しく子どもだちを誘ったんです。
そしたら「見るーー!!」という好反応だったので、僕も嬉しくなってさっそく見始めたのですが、しばらくしてから僕のテンションはがた落ちになりました。

(お、面白くないーーー)

ですが子どもたちは意外と楽しんでました。

僕が全く分からないポイントで大声をあげて笑ったりするし、僕が「一度途中で止めて歯磨きする?」「今日はここ位までにして明日続きを見る?」などとやんわり勧めても「見る!」と微動だにしません。

結局最後までぶっ通しで見終わりました。

つまらない映画でも子どもは楽しめるんだなあ・・・。
それとも僕がつまらない事を考え過ぎるから楽しめないのかな・・・。

子どもと大人の感性の違いを考えさせられるという、貴重な経験をさせてもらいました。

ギャグを楽しむには身内向け過ぎる、
映画を楽しむには荒唐無稽過ぎる。

そんなわけで愛媛県人な大人のボクにはちょっと難しすぎる映画でした。

もしも関東圏以外にお住まいの方で、関東の土地勘もないよ・・・という方がこの映画を見ようと考えているのなら、

全力でおすすめしません。

それよりもAmazonPrimevideoで無料の「トゥーヤングトゥーダイ」を見た方が絶対楽しめます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です