【日記】後悔先に立たず

人生において後悔は大抵が意味のないものだ。過去の失敗をいくら悔やんでも、失ったものを取り戻すことはできない。

私はまさにその瞬間に立ち会っていた。

立ち寄ったファミレスで何気なしに頼んでしまったチゲ鍋定食。チゲ鍋自体はいいのだが…

料理が運ばれてきてから気付いたのだ。

チゲ鍋の赤さと、

自分が着ている服の白さに。

うん。

赤い。

もしこの赤い汁が飛び散ってしまったら…

想像しただけで血の気が引く。ああ、俺は何をやっていたんだ。馬鹿にも程がある。もし可能なら、このチゲ鍋定食をおにぎりセットに変えてもらいたい。

だがそれは無理な話だ。瑕疵は全て自分にある。後悔先に立たずとは正にこのことではないか。

こうなったらやるしかない。

私は気持ちを切り替えることにした。

媚びぬ!

退かぬ!!

省みぬ!!!

チゲ鍋定食に逃走はないのだ~~~!!!!

まずは豆腐!

次にうどん!

寄るな、触るな、弾けて飛ぶぜ!

ごはんもまとめてやってやんよ!?

格闘すること約十分。

帝王の前に敵は全てひれ伏していた。

やった。お師さん、俺はやったよ。

だがこれで終わりではない。

肝心なのは食べたかどうかじゃない。

汁が、

散ったかどうかなのだ。

いくら見事に完食したとしても、箸先で踊る食材がその浸された赤き汁を

ピュピュッ

と飛ばしてしまっていたら、私は敗北を受け入れなくてはならないのだ。

見るのが怖い。

だが見なければならない。

例えば脳内で

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ドドドドドドドドドド

と「もう散ってるじゃんそれ」と言わざるを得ない音が聞こえたとしても。

目の前の壁に

「振り向いたときにお前は 散る」

と書かれていたとしても。

さあ、今が意を決する時だ!

振り向け!!

どうやら完全勝利。

こんな日もあるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です