【日記】今を生きる。

先日、美味なラーメンを目の前にしながら味を満喫できなかった失敗を書きました。

その過ちは二度と繰り返さない。その覚悟を持って油淋鶏定食にリベンジすることにしました。

さあ来い!

ドン!!

どうですかこのボリューム感。そして良い薫り。テキストでは伝わりませんが、めっちゃ香ばしい、大いに食欲がそそられる薫りがしています。

これなら大丈夫だ。

さあ、今を生きる。集中して味わいつくそうぞ。

いざ。

カリッ!!

うーん。めちゃ美味!!

衣はあくまでサックリ。しかしながら中の鶏はあくまでジューシー。

ネギの薫りが強烈に漂って、味付けの甘さが醸し出すハーモニーはまさに極上。

さらにこのご飯。

美しい。

これまた美味い。甘い。

「俺が主食なんだぜ」とアピールする声が聞こえてきそうです。

再び油淋鶏に戻ります。

ていうか大きくないですか?これ。

まさに。

天高く反り返る油淋鶏

屹立とそそり勃つその大きな一物は、決して目を離すことが出来ない存在感を見せていました。

「これは流石に一口では食べられないよな…」

そう。一口では食べられない。

「大きいだろ?無理しなくていいんだよ。口に入れられるだけ、ほおばってごらん」

「そう。しっかり、ゆっくりと味わって」

「舌先で形を感じながら…」

なんてセリフが次々と浮かんできたのだけれど、これはイケない。油淋鶏を食べるときの一人語りなのだけれど、ここだけを切り取るとなんだか出来の悪い官能小説のようだ。

バナナなんかはよく題材にされるけど、まさか油淋鶏でそんな展開を思い浮かべることになるとは、やっぱり自分の脳みそはちょっと変態な感じがある気がする。

変態といえば、そういえばこないだの…

あっ!!!

またやっちまった!!!

気がついた時にはもう手遅れ。

目の前にはすっからかんになったお皿たちだけが…。

悪い癖です。

何か素敵なことが頭に浮かんでしまうと、そこに一気に意識を奪われてしまう。

「今を生きる」ということがどれだけ難しいかを思い知った気がしました。

よし。次こそは。

今を生きるために。

食事中に下ネタを連想することはやめよう。

そう強く誓いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です