【日記】人生は例えるならこの一杯のラーメンさ。フッ。

何か、疲れた。

瞼が重くのしかかり、全身をやりきれない倦怠感が包む。こんな時、人間はこう考えがちだ。

「人生って何なんだろう」

そう。そして今の私もその状態にいた。そして思っていた。人生って何なんだろう、と。

「それは簡単さ」

不意に現れた皆川恭也と名乗るその男は、おもむろに話し始めた。

「人生は、例えるならこの一杯のラーメンさ。フッ」

これはラーメンではなく油そばだが、私は聞いてみた。

「ラーメンが人生って、一体どういうことなのでしょう」

恭也は言った。

「人はいつか死ぬ。ラーメンは食べたら無くなる」

一呼吸置き、

「この世の真理さ」

と。

恭也は続けた。

「人生には彩りが大事だ。そしてこのラーメンには、酢とラー油がよく似合う」

前髪をいじくり、

「そこも同じだ。本当、良く似ているよ」

と。

私は尋ねた。

「このラーメンが人生と同じとは、とても思えません」

恭也は言った。

「そうら。そう言っている間に、ラーメンは形を変えてしまったぞ。諸行無常の響きありだ。まさに人生じゃあないか」

ラーメンではなく油そばなのだが、この際それは置いておくことにしよう。

恭也は言った。

「ほうら、ラーメンはどんどん姿を消していくぞ。人生と同じだろう?何をしなくても時間はどんどん過ぎていき…やがて人は死ぬのだ。立ち止まることは出来ない。光陰矢の如しだ」

私は嘆いた。

「人生はなんと儚いものでしょうか」

恭也は言った。

「そう。人生は儚い。そしてラーメンは旨い

恭也は言った。

「そうら。あとこれだけになってしまったぞ。お前の人生も本当に短く、儚いものだったな」

私は嘆いた。

「ああ、儚い蜃気楼のように、私の人生はただ過ぎてゆくだけしかないのでしょうか」

恭也は言った。

「そうだ。だが、嘆くことはない。その一瞬一瞬を真剣に生きれば、宝石の輝きをもって人生は彩られるだろう。その一口一口を全身全霊で味わい尽くせば、ラーメンの喜びは五臓六腑に染み渡るだろう」

私は尋ねた。

「それはつまり、

今を生きるということでしょうか」

恭也は答えた。

「そのとおりだ」

恭也は言った。

「だから、心してラーメンを食べるがよい」

 

最後に私は気づいた。

写真を撮るのと、湧いたブログアイデア(つまりこの記事のこと)に思いを馳せるのに夢中で、

ラーメンの味を全然覚えていませんでした。

「今を生きる」の実践度、0%

何をやってるんだ俺は~~~!!!!バカバカバカ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です