【日記】ブログを書くのが怖い

ブログを書く時、

「記事を書いて多くの人に見てもらうんだ~」

と考える人は結構多いんじゃないでしょうか。

しかし私の場合、

最近つくづく感じるのは、

「怖い」

という感情です。

何が怖いのかというと、

ピンと来る方もいるかもしれませんが、

そう。

誰にも読まれないのが怖い。

多量の手間暇をかけて誰にも届かない独り言を叫んでいる、

この滑稽さ。

あるいは、

「プッ。こんなクソ記事誰にも読まれないよ」

という無言の嘲笑。

それを浴びることを想像して、一人恐怖に震えています。

しかし考えてみれば、

実際に読まれていないことは確かですが、

読まれていない以上誰にも笑われることはなく、

おそらくこの恐怖は、自分自身が作り上げている感情なんですね。

だから私は今日も言い聞かせています。

気にするな。

それはただのゴーストだ。

そして今日も、

こんなしょーーーーもない日記をWebにアップしてしまいました。

根拠はないのですが、

この恐怖と戦いながら、

黙々とどこまでも続けていく作業というのが、

ブログというものなのかなという気がしてきました。

そう考えると、

やっぱりですね。

そう。

やっぱり。

ただの、

怖い人じゃん

って思います。我ながら。フフフ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です