「銀と金」ギャンブル依存症手前だった僕がしびれた5つの金言(その1)

ざわ・・・
ざわ・・・

霧島もとみです。

僕が社会人になって覚えた事の一つにギャンブルがあります。(注:賭博ではなく「ギャンブル」です)

22歳から約3年程、主にパチスロに嵌っていました。

・仕事が終わった後はまっすぐホールに向かう
・金曜日は閉店前に下見
・土曜日は朝一番から並んで狙う

自分で記録した収支計算によると勝ち越してはいたため、社会生活には特に支障はきたさなかったものの、心理的にはギャンブル依存症に近いものがあったのではないかと思っています。

そんなギャンブル狂の僕が「ギャンブルの怖さを見事に表現している」としびれた漫画があります。

それが、「銀と金」(福本伸行)です。

福本伸行さんは「カイジ」「アカギ」等で知られる超のつく有名漫画家です。
以前は雀荘やパチンコ屋の本棚が主な戦場でしたが、著作がドラマ化や映画化されたのでギャンブルに興味のない人も名前を聞いたことがあるのではないかと思います。

あの不思議な効果音、

ざわ・・・
ざわ・・・

の産みの親と言ったほうが分かりやすいかもしれません。

さて、その福本伸行さんの作品の中でも、人間とギャンブルについて深い洞察力で描ききった一番の名作だと僕が思うのが「銀と金」です。

そこで今日は、この「銀と金」から、ギャンブル依存症手前だった僕がしびれたギャンブルの5つの金言を紹介します。

ざわ・・・
ざわ・・・

金言1:これがギャンブルの魔性

これがギャンブルの魔性

軽い気持ちで手を出し
ほんの2 3回気を許したスキに
とんでもない地点へ連れ去られてしまう

(中略)

彼は出会った者の財産・未来・良心を喰いちらかす
この世で最も性悪な魔物……
ギャンブル……!

(引用:銀と金 第38話地獄に堕ちた勇者)

この一言は、ギャンブルをしたことがある人なら誰でも胸に刺さる一言でしょう。

この金言が生まれたエピソードはポーカー勝負編。

主人公の森田鉄雄が、建設会社社長の御曹司・西条進也と億の金を賭けたポーカー勝負をするというエピソード。

もちろん普通のポーカーとは一味も二味も違います。
ギャンブル漫画のプロ、福本伸行先生が仕掛けたのは「青天井現金勝負ポーカー」です。

ルールは次の通りで、

・賭け金額は無制限(青天井)
・積まれた額を積めなければ負け
・借金は一切認めない現金勝負
・30分以内に用意出来なければ負け
・それ以外は通常のポーカーと同じ

ざっくり言うと、

「現金をたくさん持っている方が勝ち」

という勝負です。

漫画では「相手の手を見ることができるトリックを仕掛けた西条」「トリックを見抜いて裏を取ろうとする森田」「億を超える現金の積み合い」という3つの要素が絶妙な仕掛けとして用意され、ギャンブルに身を焦がす男たちのキリキリした心理が描かれます。

さて、この金言は敵・西条の心理状態を表したものです。

勝負を始める前、西条は「八千万もあれば勝てる」と考えていました。

ところがその見込みは外れ、2億、3億、4億とまたたくまに金額は上がっていきます。

「もう……こんな勝負いやだ……」
「たのむ……降りてくれ……!」

祈りながら金を積む西条の願いをよそに、積み合う金額は膨れ上がるばかり。

なぜなら撤退は「負け=積んだ金を全て失う」ことを意味するため、西条はやめることが出来ない。相手の金が尽きるのを願ってただ積み続けるだけ…。

この状態、つまり、ギャンブルの魔性に取り込まれた心理を見事に表したのがこの金言です。

最初は「これだけにしよう」と思っていても、気がつけばとんでもない地点、つまり自分に相応の範囲を超えてまで賭けてしまうのがギャンブルの魔性。

僕も大いに経験があります。
金額こそ小さいものですが「今日はこの金額まででやめておく」と決めたルールを何度破ったことか……。

その行きつく先は、ほとんどが予想を超える大負けになるのは言うまでもないでしょう。

なぜそうなるのか?

一つはサンクコストです。賭けをやめることで、それまでに失った金額を失うことが確定します。そこまでにつぎこんだ物を失うことを怖れて、さらに賭けてしまう心理です。

一つは賭けに酔うことです。正常な判断力を失わせる魔性がギャンブルにはあります。賭けてない状態なら誰が考えても簡単と思えるような判断が、一度ギャンブルに飛び込んでしまうと、正常な判断が出来なくなります。

さあ行きつく先はどうなるでしょうか?

彼は出会った者の財産・未来・良心を喰いちらかす
この世で最も性悪な魔物……
ギャンブル……!

この言葉を胸に刻んで下さい。
財産・未来・良心。それはギャンブルに捧げていいものですか?

ちなみに僕は「今日は2万円までの勝負にしよう」と決めた日のパチスロで、気がつけば7万円を失ってしまったことがあります。

金言2:ただその跳ぼうとする行為 それがギャンブル…!

ええ……

気がつくと深い谷の前に立っている自分がいて
越えようとしているんだけど
でも周りは漆黒の闇で
まるで見えない
かんじんのどれだけ跳べばその谷を越えられるかがわからない

しかし越えたい
越えなきゃいけないと感じている

この時の
次の一歩がギャンブル

そのイメージの中では感じている……
この谷を跳べるかどうかは……
もう俺の力の及ぶところじゃないと……

それは谷が決めること

俺にできることは
ただ地を蹴り身を宙に投げること
跳べるか跳べないかさえもう問題じゃない……

ただその跳ぼうとする行為 それがギャンブル…!
(引用:銀と金 第43話 森田のギャンブル哲学)

金言としては長いかもしれませんが、ギャンブルを考えるうえで大事な言葉です。

主人公の森田鉄雄が、師匠である平井銀二の「ギャンブルってどういうもんだ…?」「おまえその正体が少しは見えたかい…?」という問いかけに答えた言葉です。

この答えに対して平井銀二は「しかし今の話 そんなにはずしてねえ……」「ギャンブルの快感 その正体……」と言います。

銀二が言うように、この金言が表すものはギャンブルの快感の正体です。

ギャンブルには快感が伴います。
だからこそ人はギャンブルに挑み、楽しみ、そして狂います。

この金言で注目したい点は、
・谷を越えられるかどうか分からない
・ただ跳ぼうとする行為がギャンブル
というところです。

つまり「勝算が高い方に賭けるから快感」ではなく、「勝算が低い方に賭けて勝つから快感」でもなく、

「結果がどうなるかが分からないところに挑む」

ことそのものがギャンブルの快感だということです。

僕はギャンブルの快感は勝つことだと思っていました。
負けのリスクを背負って勝つ。
そのことが人をギャンブルに駆り立てる快感だと思っていました。

だから最初にこの金言を読んだ時は正直あまり響きませんでした。

しかし、この金言は正しい可能性が高いです。

「スキナーの箱」と呼ばれる有名な鳩の実験があります。

それはこのような実験です。

・スイッチを押すと必ず餌が出る箱(A)と、スイッチを押すとときどき餌が出る箱(B)を用意する。
・鳩を入れて一定期間学習させた後、A・Bともに一切餌が出ないようにする
・Aの箱の鳩は2~3回スイッチを押して餌が出てこなくなると諦める
・Bの箱の鳩は1日中スイッチを押し続けた。

この実験により、「餌が出たり出なかったりする」ということが行動の動機になることが示唆されています。

これはまさに「結果がどうなるかが分からないところに挑む」ことがギャンブルの正体だという、金言そのものの内容です。

僕がハマっていたパチスロに例えましょう。

パチスロでは、コインを投入し、スロットレバーを引きます。このスロットレバーを引いた瞬間に機械が抽選を行い、大当たりするかどうかの判定をします。

大当たりを引くと、通常では揃える事ができない「777」のような当たり目を揃えることが出来るようになります。また同時に、リールの出目や液晶の演出などで「当たったよ」ということをプレーヤーに知らせます。

パチスロを打っていて興奮する時は何と言ってもこの「大当たり」を揃える瞬間で、短い周期で連続して引く(いわゆる連チャン)ともう万能感というか無敵間で頭の中が凄いことになります。

これこそがギャンブルの快感の正体……と僕は思っていたのですが、そうではなく、実はレバーを叩く行為そのものがギャンブルの快感の正体だということなんです。

この話を知ったのはパチスロから足を洗ってから随分経ってからの事でしたので疑心暗鬼でした。そこで確かめるために今一度パチスロに挑んだところ、体験的には「その通りかもしれない」と感じました。

勝っているにしろ、負けているにしろ、レバーを叩くことに僕は喜びを感じていました。

いや。むしろ負けている時にこそ「このレバーで大当たりを引くかもしれない……!」「今度こそ引くかもしれないぜ……?」という何ともどす黒い快感が頭の中を支配していたように思いました。

ちなみにこの時も「試しだから3千円だけ…」と思っていたのですが、気がつけば財布の中の1万5千円を全て突っ込んでしまいました。

恐るべしギャンブルの快感。

跳ぼうとするその行為。
賭けようとするその行為。

それこそが快感を生む原動力であることを知れば、自分自身の意思でそこを避けることが出来るはずです。

知識として知っておくだけでなく、戒めとして脳に刻んでおきたい金言だと言えるでしょう。

お詫び

この記事は3000文字チャレンジ「金」に触発されて書こうと思ったものです。

金言5つをピックアップして記事を書き始めたところ、最初の2つで既に3000文字を突破してしまいました。

全部を書き上げるにはもう少し時間と労力が必要なため、2つの金言の紹介のみで一旦は留めさせていただきます。

後日3つの金言の記事を追記して、文字装飾&画像装飾もつけて完成版とするつもりです。その時は3000文字チャレンジの趣旨からは外れてしまいますが、まあ、後日なのでいいかなあ。

↓↓↓完全版をアップしました。
「銀と金」ギャンブル依存症手前だった僕がしびれた5つの金言(完全版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です