【日記】ブログが書けないブロガーの戯れ言

霧島もとみです。

一応ブロガーを名乗ってます。

ここ最近、ブログの更新頻度がめっきり落ちています。その理由は簡単で、何かとトラブル続きで落ち着いてブログを書く時間が取れないからです。

  • 自分自身の病状不安定
  • 子供のトラブル、それに伴う家庭内騒動

こんなところですね。仕事が落ち着いているのは幸いですけど。

病状不安定で弱っているところに新たなストレスが加わるのはまあまあシビアで大変です。シビアーなダメージを与えられます。強靭な精神を持たない私などは「はああああああああああ~~~~」と空を飛んでしまいそうなくらい溜息を吐きたくなるのですが、私がやらなきゃ誰がやるというわけで、日々真っ向勝負で事態収拾に取り組んでいます。

でも、ブロガーという一面を持っていることが、こんなトラブルな時には精神安定に役立つことが分かりました。

「これ、落ち着いたらブログの記事で書けるかも・・・」

という邪な考えが湧くんですよね。すると不思議なもので、客観的に、俯瞰的に事態を観察するようになってくるんです。つまり認知が変わります。さらに言えば「面白いかもコレ」という考えも浮かんでくる。

このように認知が変われば、受けるストレスが変わります。

気楽になります。

そんな訳で今日も

「あああああやってらんねえええええええ!!!」

というように人生に投げやりになることもなく、怒りにまみれることもなく、平凡に日常を送ることができました。

弱小ですが、ブロガーやってて良かったかもと思いました。

ただの日記です。こんなものを読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です