腰痛になったときは精神的にも落ち込む的なメモ

タイトル画像

最近、記事の更新ペースががくっと落ちている霧島もとみです。

仕事が忙しかった・・・という事ではなく、家庭が忙しかったという事でもなくて、その原因は大げさに言うと体調不良です。

腰痛アレルギーにこの一瞬間は悩まされまして、特に腰痛がひどかったんですよ。

まあ、なんと言うか・・・

腰はヤバいですね。

よくスポーツや武道では「腰を入れろ!!」と言うことが多いのですが、それだけ人間の動作の肝になっているのが腰というところで、つまり動きの中で力が入ることが多い場所が腰なんです。

その腰を痛めるとどうなるか!?

一度でも痛めたことがある人ならよく分かると思いますが、

何をしても痛い。

立ち上がっても痛いし、

歩いても痛いし、

咳をしても痛い。

マジで痛いです。

それも筋肉痛のような耐えられる痛みとは違って、力が抜けるというか、脱力感を伴う痛みなんですよね。

そういえば、前に僕が鬱状態になったときの最後の引鉄を引いたのも腰痛でした。

僕の傾向としては、腰が駄目になると精神的な気力が湧かなくなって、不安にさいなまれたり、無力感に包まれたりして一気に落ち込みが激しくなります。

今回も程度は軽いですが、やっぱり同じような状態になっています。

なのでブログのことを考えるよりも、体を休めよう、寝ようという思考になって、全然記事を書く手が進まなかったんです。

今日も腰痛に悩まされてはいるのですが、一時的に状態が良い感じがしているので、今日の感情をそのまま記録しておこうということで久し振りにPCに向かっています。

で、怪我や病気をすると思うのが「健康が一番」ということです。

しかし調子がいいときは健康なのが当たり前と思ってしまうので、普通健康のことなんて考えません。その他にも考えることが一杯あるからです。仕事のこと、家庭のこと、趣味(ブログ)のこと、運動のこと・・・。

で、そういうことを優先ばかりすると、生活のリズムが崩れます。

そうすると次第に体を蝕んでいき、ある時プツッとなにかが切れたように不調がはじまる。

そしたら「健康が一番だなあ・・・」と反省はするものの、再び健康になると「喉元すぎれば熱さを忘れる」というヤツで、やっぱり健康のありがたみに気付かなくなるんですね。

反省のない、駄目なパターンの典型です。

そしてその「健康が大事と思う」という記事を夜中の1時過ぎて書いているという大矛盾。

という訳でもう今日はこれまでにして、今日の朝に備えてさっさと眠りにつくようにします。

今日のまとめとしてメモを残しておきます。

リストにするほどの事でもないですが・・・。

  • 腰痛は何をしても痛い
  • 腰痛になると、痛さが精神的にも落ち込ませる
  • 腰痛いなると、不安、無力感が襲ってくる
  • 健康は大事にしよう
  • 普段から健康に感謝する

腰、、、早く治ってほしい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です