【日記】食わず嫌いはそう褒められるものじゃない

食わず嫌い

①食べたことがなく味も知らないのに、嫌いだと決め込むこと。また、その人。たべずぎらい。

②あるものの真価や面白みをよく理解しないで、ただ初めから嫌うこと。

大辞林より

人は生きていく過程で様々な価値観を身につけていきます。

必要なことですが、弊害もあります。

その一つが「食わず嫌い」です。

新しいもの、未知のものに触れたとき。表面的な情報を自分の価値観と照らし合わせ、それを根拠にして「好きじゃない」「嫌いだ」「面白そうじゃない」と判断してしまうことがあります。

このたび、あらためて「食わず嫌いはそう褒められるものじゃない」と感じることがありました。

対象物が何かというと、

こちらです。

 

魔法少女まどか☆マギカです。

面白い!アニメーションが美しい!という評判は山ほどネットで見かけていたのですが、

あれですよ、

この可愛らしすぎる見た目がどうしても気になってしまって、

40過ぎのオッサンが見るのはダメ

というふうに思い込み、食わず嫌いになっていたんです。

ところが先日、Twitterでしょうゆさん(@SYOYU8192)、かざひな@雑記ブロガーさん(@yomiasarityu)に面白いよとオススメされてしまいました。

うん。やっぱり食わず嫌いは良くないよな。

とりあえず1話だけでも見てみよう!

と見てみることにしたのですが、

食わず嫌いしていたことを早速後悔しました。

まだ7話までしか見ていませんが、

魂をぐっと握まれてしまってます。

怖い。

面白い。次が気になる。

そんな状態です。

オススメされたことに全力で感謝しております。

ありがとうございます!!

食わず嫌いって、あまり褒められたものではないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です